「日本人が糖質制限をやると糖尿病に?」というニュースは本当!?

糖質制限ダイエットで、サクッと痩せようと思っていた矢先に、こんなニュースが出ていました。

「日本人が糖質制限をすると糖尿病になりうる」と医師の奥田昌子氏は言う。

農耕民族の日本人は炭水化物がいつでも食べられる環境だったため、ブドウ糖を細胞に取り込ませるインスリン分泌量が少なくて済む体質が形成された。その日本人が炭水化物を摂取しないと膵臓がインスリンの分泌を増やそうと無理するため、膵臓が機能低下し糖尿病になるのだという。また、糖質制限で痩せると感じるのは“錯覚”のせいだとも。

日本人が「糖質制限」すると糖尿病の原因に!? | 日刊SPA!

 

せっかく気持ちが盛り上がっていたところに、冷や水もいいところなんですが(笑)、よく考えればこういった議論は糖質制限ダイエットが出てきてから何度も繰り返されていたような気がしないでもありません。

でも、本当のところどうなんでしょうね?

糖質制限で糖尿病になりうるの真相は?

この記事で言われているように、日本人はブドウ糖を取り込まなくてもインスリンの分泌量が少なくてすむというのが本当であれば、そもそも糖質制限をしても意味がないということになります。そして、炭水化物を摂取しないことで膵臓がインスリンの分泌を増やそうとするというのも、今までの糖質制限ダイエットの考え方とは真逆ということになりますね。

でもよく分からないのは、日本人は炭水化物をたくさん摂ったからと言って、血糖値が上がらないということなんでしょうか?それとも、血糖値は上がるけど、インスリンの分泌は少ないということなんでしょうか。

どちらなのかによって、意味がちがってくると思うんですが。

炭水化物を摂っても血糖値が上がらないのであれば、別に炭水化物を制限する必要はないと思います。でも血糖値が上がるけどインスリンの分泌は少ないということであれば、ある程度は制限した方がいいですよね

このへんは、きっとお医者さんでも意見が分かれるところなんでしょう。

 

糖質制限で痩せないというのは本当?

また、この記事では

「確かに、ある程度炭水化物を制限すれば血糖値が下がり、カロリー摂取量も減ります。水が抜けて体重も落ちるでしょう。しかし体についた脂肪が減るわけではありません」

と言われていますが、実際に糖質制限で脂肪は減らないんでしょうか。

これはちょっと疑問です。糖質制限だろうがお肉制限だろうが、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば脂肪は減るはずですよね!?

この文章だけ見ると、糖質制限でカロリー摂取量が減って体重が落ちても、脂肪の量は減っていないというふうに読み取れます。

実際に糖質制限で10キロ以上の減量に成功した例というのはいくらでも見つけることができますが、そういう人たちは脂肪ではなく水分とか筋肉だけが体から10キロ以上減って、脂肪はそのままということなんでしょうか。

そう考える方が不自然な気がするんですけどね。

 

糖質制限で健康を損なわずに痩せるには?

というわけで、専門家でもまだ意見が分かれることが多い糖質制限ダイエット。たしかに、こうして警鐘が鳴らされるというのは、それなりに気を付けて取り組むべきダイエット法だというふうに考えた方がいいのかもしれません。

たとえば、炭水化物を完全に断つのではなく、摂取量を減らすとか、また、糖質制限をしながら筋トレなどで体を鍛えるとか。

筋トレ シャツもおすすめです。

カテゴリー: 糖質制限ダイエットについて パーマリンク