糖質制限ダイエット中には運動をすべき?

糖質制限ダイエットをしているときは、当然それまでの生活と比べて糖質の摂取量が極端に少なくなっているはずです。

糖質制限のやり方にもよりますが、

スーパー糖質制限だと1日30~60g、スタンダード糖質制限だと1日80~120g、プチ糖質制限だと120~170gくらいが目安とされています。

もちろん、スーパー糖質制限が一番体重の減りも早いので「どうせやるなら徹底的に」と思う人が多いとは思いますが、実際には自分の体調と相談しながらやってみるのがベストでしょう。

糖質を減らしたことで、フラフラ立ちくらみのようなものがする場合もあるからです。

糖質を極端に減らした状態で運動できる?

もちろん、自分の体の状態にもよりますが、トレーナーがついていない状態ではハードな運動は避けた方がいいでしょう。

糖質も重要なエネルギー源ですから、エネルギー不足で倒れてしまうなんてこともあり得ます。

ゆるい糖質制限なら問題ないのですが、スーパー糖質制限並のハードなやり方をしている場合には、どうしてもトレーニングをしたいならその前に糖質を補給することをおすすめします!

と書くと、それじゃああまり意味ないよと思うかもしれませんが、それでも体の方が大事なのは当然です。

逆に、1食で20~40gほど摂取する軽めの糖質制限であれば、トレーニングと併用することでより効果を出すことができるでしょう。

糖質制限しながら効率よく体を動かすには?

もちろん、人間はトレーニングをしない状態であっても、1日生活をしていればそれなりに体を動かす機会はたくさんあります。

歩く、階段を上る、しゃがんだり立ち上がったりする、、などなど。

こうした日常生活の動きをちょっと意識して行うだけでも、体への負荷が高くなって筋肉を鍛えることにつながったりします。

特に、糖質制限中は糖分の代わりに筋肉を分解してエネルギーとして使う傾向があるので、筋肉が衰えないように日々の生活でできるだけ意識してきびきび動くようにした方がいいですね。

これなら、わざわざトレーニングの時間を作らなくても、そして、危険なリスクを冒して運動をしなくても、代謝をアップさせて、筋力の衰えを食い止めることができます。

さらに効率よく体へ負荷をかけるのであれば、加圧インナーなどのアイテムを利用することがいいでしょう。

これなら、運動量は押さえつつ、しっかりと(それこそ日常生活の動きの中で)負荷をかけることができますし、また姿勢がよくなるので体幹にもいいというダブル効果がありますので、無理な運動をしなくても、筋肉を保てる・代謝をアップできるというメリットがあります。

体型が大きい人でも、メンズの大きいサイズ加圧インナーを選べばOKです。

カテゴリー: 糖質制限ダイエットについて パーマリンク