自然な白い歯を取り戻したいなら、ホワイトニング歯磨き粉がベスト!?

理想的な歯の色は、自然な白さ。黄ばんでいたり茶色くなっていたりするのは論外ですが、逆にとってつけたような絵具で塗ったような白さでも、なんだかちょっとわざとらしくて、文字通り「歯が浮く」かんじがします。

なので、子供の歯のような、透き通るような白い歯が理想的。

でも、これを実現するのってけっこう難しいんですよね。

実は、私は歯医者さんでホワイトニングをしてもらったことがあります。全部で7万円くらいかかったのですが、白くなったかといわれれば確かに白くなりました。白くなりすぎました。。。

もちろん、最初に診察を受けるときに、希望の色を見本で選ぶことができるのですが、意外と自分の歯の色ってそんなにまじまじとは見ないものなので、自分で選んだ白さはあとから考えればかなり白い部類に入るようで、特に私は肌が色白ではないので、どうにもこうにも昔の芸能人のような歯だけ浮いているかんじの仕上がりとなってしまったんです。

ある意味、歯医者さんの方からしたら大成功だったと思うのですが(ちゃんと白くなったし、しかもちゃんと希望どおりの色になったんですから(笑))、実際の私はというとかなりへこみましたね(笑)。

しばらくは、笑うのが恥ずかしかったです。どう見ても、ホワイトニングしたよね!?みたいなバレバレの白さになったんですから。もちろん、その白さを指定した私が悪いんですし、さらに言えば、今どきこんなに色黒な肌の私が悪いんです。。。涙

そのあとで知ったのですが、今はホワイトニングの歯磨きというのがあるようですね。歯医者さんのように漂白剤を使って歯を白くするやり方とは根本的に違って、歯磨き粉に歯の汚れをがっつり取り去る成分が入っているので、ふだんの歯磨きの中で一緒に白くできちゃうというやつです。もちろん、今までの歯磨き粉にも歯の汚れを取る成分は入っているのですが、今まではどちらかというと研磨剤でゴシゴシ磨くことで汚れを削り取るというタイプのものが多かったんです。

それが、最近はやっているホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤は使わずに、代わりに歯の汚れを浮き上がらせて歯の表面からはがして落とす(しかも強力に)という成分が入っているものが多いようです。

確かに、研磨剤は汚れを取るだけではなく、歯の表面に傷をつけてしまうので、よけいに歯に汚れが沈着しやすくなるという話をきいたことがあります。なので、研磨剤を使わないで汚れを落とせる歯磨きの方が、長い目でみたときにもより白い歯をキープできるということなんでしょうね。

しかも、歯医者さんでのホワイトニングのように高額な料金がかかるわけでもなく(ただ、ふつうの歯磨き粉よりは高く、3~5000円くらいするものもある)、また、徐々に自然な白さになるというのもポイント。

周りにバレバレなんてこともなく、気づいたら白くてきれいな歯になっている、というかんじでしょうかね。

割と、最初からこっちを試しておけばよかったかなーと少し後悔してます(笑)

とりあえず、歯医者さんのホワイトニングも1回やったら一生白さをキープできるというわけではないそうですので、これからはホワイトニング歯磨きでできるだけ自然な白さを取り戻してそれをキープしていこうと思っています。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒自宅でのホワイトニングで安いものは?

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク